審査が緩い?厳しい?カードローンのご紹介サイト!

コンテンツ

キャッシングとローンは別だった?カードローンの意味を知ろう

キャッシングはもともと借りたものを翌月に全額返済するというものでした。つまりローンという機能はなかったわけです。その後利便性を考えてローンの仕掛けも組み込んでキャッシングローンになり、今ではgンコウも参入してカードローンと言われるようになりました。

審査の判断には居住年数もある!単身赴任している場合は影響するか?

旦那さんが単身赴任中にカードローンを作る必要が生じた場合、カードローンの審査には現住所の居住年数も含まれている可能性があるため単身赴任の場合、審査が不利にならないかと考える人もいます。またカードが作れたとして旦那さんのカードを留守中に奥さんが利用するのも問題です。

利息より高い手数料もある!カードローンの借入・返済には注意が必要

カードローンは利息を付けて必ず返済しなければなりません。このためカードローンを選ぶ際には金利で選ぶ人が殆どです。しかしもう一つの考えることが必要なものにATM手数料があります。1回105円しかかからないと考えるかもしれませんが、そこが落とし穴になります。

安易に他社カードに手を出すな!まずは利用限度額の増額を検討しよう

カードローンを利用しているが収入も増え、その分大きなお金が必要になる場合もある。そこでもう少しお金を借りられるようにしておきたいと言う人は、もう一枚カードを作るという手段がありますが、狙い目としては現在利用しているカードの利用限度額を増額することです。

審査結果は電話連絡の場合がある!申し込み方法による違い

カードローンは店舗での申し込みのほかに、郵送、電話、FAXなどの方法やインターネット経由でパソコンや携帯電話、スマートフォンの申し込みフォームから申し込みを行う方法などが用意されています。審査結果の連絡にも色々な方法が有りますが、基本は電話での連絡になります。

申し込み方法は様々!自分に合った申し込み方法を探そう

カードローンは金融機関の金融商品ですから、店舗窓口に行かなければ申し込みはできないと考えている人がいますが、そうではありません。最も有名なものとしては店頭に設置されている無人契約機がありますし、最近ではインターネットなどに対応し多くの申し込み方法があります。

何故審査が通らないのか?どのような仕組みで審査されているのか

カードローンの審査は金融機関のノウハウであり基準は公開されていませんが、法的な規制、信用情報の記載、当該金融機関との取引状態などを参考に行われていると思われます。審査が断られる心当たりがない場合には、信用情報の閲覧などをして確認してみることも必要です。

カード選びはここに注意しろ!カードローンを利用しようと思ったら

カードローンは消費者金融のキャッシングローンも含めて多くの金融機関が用意しています。大部分の人はできるだけ金利の低いものを選ぶか、大々的に宣伝しているものを選ぶのが普通です。しかし金利だけで考えてしまうとかえって損をしてしまうような場合もあり注意が必要です。

審査が緩いのは良いとは言えない!そのローン返済していけますか?

カードローンの審査はその金融機関の独自のノウハウによって行われるもので厳しい場合もあれば緩い場合もあります。2つ3つと申し込みをすれば審査が緩い場合には通る可能性はあります。しかしよく考えてみてください、あなたの収入からそのローンの返済を続けていけますか。

審査が緩い金融機関には注意?甘い考えを持ってはいけない

通常金融機関の審査は厳しい場合もあり、緩い場合もあるのが普通なのですが、明らかに通りやすいと感じられる金融機関も存在しています。審査が緩いということは金利が高いことに繋がり、法令ギリギリに設定されていることもあります。あまり甘い幻想は抱かない方が賢明です。

カードの審査は何歳まで通るのでしょう?高齢者は作れないのか

カードローンは安定した収入が無ければ審査はなかなか通りません。では退職後の高齢者がカードを作ることは難しいのかと言うとそうでもなくて年金は安定収入と判断され、カードローンの利用が可能です。上限年齢は銀行の場合で申し込み時に66歳未満とされています。

カードローンの審査はすぐに行われる!日数がかかるのは問題有り

カードローンでは最初の頃はあまりチェックもしないで貸し出しが行われていたため審査はすぐに終わりました。現在でも色々とチェック項目は有るのですが、審査自体は問題が無ければ1時間以内には終わるようになっています。早い場合は申し込みの当日に借り入れが可能です。

病気でローンが返せなくなってしまった!どのような対処法はあるか

一生のうち何度かは入院しなければならないような事態になって収入が途絶えることも無いとは言えません。そういう時にカードローンを返済していると、返済できなくなってしまう場合があります。そういう場合には一時的な減額や、利息のみの支払い、或は債務整理という方法があります。

主婦でも収入さえあれば利用できる!収入が無い人はどうなるか

カードローンの申し込みで問題になるのは、返済していけるだけの収入が有るかどうかと言うことです。したがって主婦の場合でもパートなどで比較的安定した収入が有れば審査を通す金融機関もあります。しかし専業主婦の場合には収入がありませんのでそのままでは審査は通りません。

カードを沢山持つと煩雑になりがちです!思い切ってまとめましょう

カードローンは何種類持っても法律で定められた総量規制に掛からない限り問題はありません。このため中には数枚のカードを持って便利に使っている人もいますが、多くのカードを持つと管理が難しくなったり、月々の返済額が増えて苦しくなったりするので、1枚に纏めてしまいましょう。

自分だけでカードローンを契約してはいけない!家族に相談しよう

借金と言うものは借りるときには当然返すことを前提に借りるわけで、最初から踏み倒すことを考えているような人はいないでしょう。しかし現実的には返済中に想定外の事態が発生して返済が難しくなる場合も少なくはありません。そういうとき助けてくれる可能性のあるのが家族です。

法人向けは利用限度額が高め!利用前にはしっかり返済計画を立てよう

個人で事業をしていたり、会社を持っているような人には良く知られているものに、法人用のカードローンがあり、基本的には担保や保証人は必要ありません。ただし失敗する可能性も無いとは言えない事業を行おうというのであればカードローンではなく投資を募った方が良いでしょう。

見逃されがちな費用!申込時は印紙代が必要です

契約と言うものに不慣れな人には知らないかもしれませんがカードローンなどの様に金銭をやり取りするような契約を行う場合、税金がかかります。これは契約書に印紙を貼っているのを見たことがあると思いますが、この印紙代が税金として国庫に入ることになるのです。

年収によって審査は通らない!金融機関の審査の前に法的な制約がある

カードローンを利用する場合の第一関門として申込時に行われる審査があります。近年行われた貸金業法の改正では、借金を年収に対する総額で規制が行われるようになって、場合によっては審査の前に法的に断られます。また年収が少な過ぎる場合も審査で通らない可能性はあります。

カードローンの選択には様々な尺度がある!低金利で決めてはいけない

どのカードローンにするのか決める決め手は何だったのか調べてみると多くは最も低金利のところと言うことになります。しかしカードローンの場合には利用方法によって様々な尺度で決めるべきです。まずは自分がどのように利用するのかを考えてみることが必要です。

カードローンは今や身近な存在に!銀行の参入がイメージを変えた

消費者金融の利用者の増加は銀行も無視できないところまで行き、ついに銀行もカードローン始めることになります。銀行が商品として取り扱っているわけですから、イメージは格段に良くなり、消費者金融の様に躊躇することなく、店舗に行って誰でも利用できるようになりました。

他社で沢山借入している!審査にどのような影響があるのか

カードローンを申し込もうという人は既に多くの借金を抱えている人も少なくないはずです。そういう場合最も心配するのが借金を抱えているのにカードローンの審査は通るのかと言う点です。しかし状況にもよりますが審査が通る通らないよりも返済できるのかどうかを考えましょう。

金利が分かったつもりになっていませんか?利息の計算をしてみよう

年利何%と金利の表示を見て高い低いと議論している人を見かけますが、金利が高いからと言っても金利だけでは利息は決まらないことを理解しているのでしょうか。利息は年利と言う言葉が示すように借入期間が決まらなければ計算できないのです。まずは自分で計算してみましょう。

銀行総量規制は行われない!実質的には審査が通るかは疑問

カードローンでは総量規制が適用され年収の3分の1までしか借りることが出来ません。しかしカードローンの中にも例外があります。銀行のカードローンは例外とされこの規定は適用されません。また銀行にはお纏めローンと言うものがありこれも対象外とされています。

銀行が安心と言う人には銀行カードローン!金利面では概ね有利

もともと銀行カードローンは消費者金融よりも金利が安く設定されていました。しかし貸金業法の改正で高い金利設定が出来なくなったことと、銀行が消費者金融のカードローンを吸収してしまったりで、銀行のカードローンが金利が低いとは限りらず概ね低いぐらいに考えておきましょう。

申込書類の準備は慎重に!カードローンの審査での必要書類とは

カードローンを申し込もうという場合には申し込みに必要な書類を用意しなければなりません。これには申込書のほかに、本人を証明する書類、収入を証明する書類、個人事業主の場合には加えて営業状況の説明書類などがあり、また更に別の書類を要求されることもあります。

カードの選び方は利用場面の想定から?利用しやすいものを選ぼう

カードローンを選ぶ際は金利を重視したり、インターネット上の比較サイトや口コミ情報を利用したりという人が多いと思いますが、これだけでは利用場面が考えられていないため使い勝手は保証できません。どのように利用するかと言うのがカードローン選択では最も重要な点なのです。

収入は有るが最近転職した!転職は審査に影響するのか

最近は転職するのが普通になってきたと言っても良いかもしれません。このため転職して間もないころにカードローンを申し込みたいと考える人がいてもおかしくない訳ですが、カードローンの審査を考えると安定収入と言う面での評価では転職は負の方向に働くことは間違いありません。

返済していけるか分からない?そんな時は返済シミュレーションを実行

返済シミュレーションは返済だけでは無くて、収入面の考慮も行わなければなりません。返済期間が分かったらその間の各月の収入をまず予想します。次に支出についても予想し、収入から支出を差し引いて自由になる金額を計算し、それが各月とも返済金額を上回っているかを検証します。

カードローンの安心な利用法とは?返済が終わるまでは油断できない

カードローンも借金ですから小額の借り入れと言えども、場合によっては返済が滞ってしまう可能性があります。返済が滞ればどうなるか、自分の信用問題になり、以後しばらくはローンが組めなくなったりしかねません。カードローンを安心して使うにはどうすれば良いでしょう。

口コミはあくまで参考程度にしかならない!審査は個々人で違います

カードローンにも口コミがあります。たとえばあのカードローンの審査は緩いとか、あのカードローンの金融機関の対応は良くないとか多くの情報がアップされています。口コミ情報を見ると何となく信ぴょう性を感じてしまうものですが、選ぶのは自分だということを忘れてはいけません。

カードローンの利用先は自由!歯止めを作るためにも用途を決めよう

カードローンはフリーローンですので借りたお金は何に使おうが構いません。このため借入に歯止めがかからなくなってしまい、利用しすぎて、常に返済し続けなければならない状態になっている人を時々見かけます。これを抑制するためには利用目的を限定するなど対策が必要です。

審査に落ちてカードが作れない!利用を諦めてしまう必要はありません

カードローンの審査基準には法的な規制もありますが、その他は金融機関独自のものです。長年の経験から様々なノウハウで審査することになります。このためこの情報は金融機関ごとに違う訳です。当然ですが同じ人の審査においても審査結果には違いが出てくるのが普通です。

収入が有れば無職でも法的には借り入れ可能!ただし審査は厳しい

法的には収入が無ければ大きなお金の借入はできません。したがって通常無職の場合には審査が通ることはありません。ただし無職であっても何らかの収入が有れば法的には借りることはできます。しかし無職と言うことになると金融機関側の審査が通る可能性は低いと考えられます。

使いやすさは店舗の数ではわからない!提携コンビニも考慮しよう

カードローンを運営する金融機関はたとえ銀行であっても店舗はそれほどあちこちに有りません。そこで提携先の金融機関のATMでも利用できるようになっているのが普通で、最近ではコンビニにATMが設置されるようになってこれらのコンビニと提携している場合もあります。

すぐに借入をしたい!最近では即日の借入も可能な場合があります

自営業などの場合には時としてすぐに大きな現金が必要になるような場合があります。そうした場合カードローンを契約していれば何とかなるかもしれませんが、契約していなければなかなか用意できません。しかし最近では申込即日の貸し出しにも対応した金融機関も増えてきています。

カードの比較サイトは参考程度!カード選びは自分の尺度で判断しよう

ネット上の比較サイトは当初はパソコン関係だけでしたが、最近ではあらゆる商品の比較情報が掲載されており、カードローンも例外ではありません。しかしカードローンと言うのは自分の使い勝手で選ぶべきものですので、これ等の情報はあくまで参考程度と考えておきましょう。

鵜呑みにしてはいけない!カードローンランキングの利用方法

インターネットにはカードローンについての情報も溢れかえっており、特に申し込みを考える際には、これ等の情報を利用してカードローンを選ぶ人も多い筈です。これらの情報では様々な尺度でランキングを付けたりして一見便利に見えますが、利用する場合には注意が必要です。

カードローンで車を買ってはいけない!目的別ローンを利用すべき

一般にフリーローンに比べて目的別ローンの方が有利な金利設定になっています。ですから利用できるのであればフリーローンであるカードローンを利用するよりたとえば車を買うのであればマイカーローンを利用した方が有利で、まずはマイカーローンを扱う金融機関に相談しましょう。

カードローンの審査結果が駄目だった!深刻に受け止めず次を考えよう

カードローンを申し込んだけれども審査が通らなかった場合、理由がはっきりしていればまだいいのですが、自分では断られる理由が良く分からないような場合、深刻に考えてしまう人がいます。しかし落ち込む必要は有りません。気持ちを切り替えて次の対応を考えましょう。

必要無ければ利用停止もできる!悪用される心配もなく安心できます

カードローンを考えるときには申し込みの審査だとか、利用方法だとかは考えますが、利用を停止することを考える人は多くはありません。しかしある程度齢を取ってしまうと別にカードローンに頼らなくても、生活に支障はない筈です。その場合にはカードの利用を停止してしまいましょう。

収入が少なく返済できない!どのような対処を行えばよいか

経済情勢が安定しないと収入も安定しないことがあり、カードローンの返済にも困るというような場合も珍しいことではありません。しかし借りたものは返済しなければなりません。収入は減っても返済額は減りませんから返済は苦しくなります。どのような対処法があるのでしょうか。

便利なリボ払いにも落とし穴がある!賢いリボ払いの利用方法

多くのカードローンの返済はいまやリボルビング払い通称リボ払いで行われます。リボ払いには多くの方式があるのですが一般的な理解としては月々一定額を返済するというものです。この額の中には元金と共に利息が含まれています。したがって沢山借りると元金はなかなか減りません。

借りたと言う自覚が必要!便利な自動融資には注意も必要

便利に使っている人もいると思いますが自動融資と言う仕掛けがあります。これはカードローンを利用している人が公共料金などの引落の際に口座の残高が足りない場合に自動的に融資を行って引き落とす事が出来るというのものです。一見便利そうですが心配な点も有り注意が必要です。

ローンの利用はどちらが有利?クレジットカードとカードローンの違い

カードローンは文字通りローンですが、クレジットカードにもキャッシング機能があります。どちらもお金を引き出すことが出来て同じような感覚で利用できますが、返済方法も金利も大きく異なっています。利用する場合にはどちらが有利なのかを良く見極めることが必要です。

返済できなければ債務整理!自分での対処は無理弁護士に相談しよう

返済が出来なくなった場合には、債務整理が最も良い選択です。何種類かあるのですが、最悪の場合には自己破産して資産で払えるだけ払って、残りは債務を免除してもらいます。金融機関相手では不利な条件をのまされてしまう可能性もあるので弁護士に依頼するのが普通です。

銀行系のメリットは金利?銀行系と消費者金融系の違いとは

最近ではカードローンも銀行や消費者金融の提携関係が入り組んできて、銀行だから金利にメリットがあるとか明確に言えなくなってきており、使い勝手などを何だんしてその人その人でメリットを感じる利用方法が使えるものを選ぶようにするのが最も良い選び方だと言えそうです。

複数のカードローン利用は多重債務の原因になる!1枚で済まそう

1枚のカードの利用限度額では足りなくなって2枚目を作るとか、1枚目の返済時にお金が足りず2枚目を作って急場を凌いだと言うような話はよく聞く話です。こういう場合その場は凌げても後々自分の首を絞めることに繋がっていく場合が多いので注意が必要です。

会社員は審査が比較的緩い!審査が非常に厳しい職種もある

カードローンの審査は職種や勤務形態によっても違います。会社員であれば非常に審査は緩いと言って良いでしょうし、職種によっては審査を通すのはほぼ無理と言っても良いような場合もあります。ただし借りにくいからと言って努力もせず悲観してしまってはいけません。

保証人が必要ないのはカードローンの特徴!しっかり返済しよう

従来からある銀行のローンと比較してカードローンの大きな特徴と言えば保証人や担保が原則必要無いということで、そういったいわば異端のローンを消費者金融が作りそれが大きく利用者を増やして、ついに無視できなくなって銀行も個人の信用保証だけで利用できるようになりました。

年金受給者もカードローンは利用できる!審査も通常と違いません

年金生活は楽かもしれませんが、それ程大きな金額の収入ではありませんので、時にはお金が必要になることもあります。既に引退してしまった後ですから、カードローンは無理と思いがちですが、年金は立派に収入として認められています。したがって、カードローンは申し込めるのです。

返済できず滞納してしまった!金融機関はどのように対応するのか

カードローンも長く利用していると、時には返済に困って滞納してしまう事もあります。金融機関側は様々な対応で返済を求めて来ることになります。そのような時は利用者側としても無視するわけにはいきません。何とかして返済していかなければならないのです。

カードローンの審査は厳しくなっている!学生は借りるべきではない

学生でもお金が必要な時は有るわけで、そのような場合に親の脛をかじれない人は大変困ります。このため以前は学生向けのローンを提供する所もありました。しかし法律が変わって、年収の3分の1までしか借りられませんので消費者金融では学生向けから撤退してしまいました。

予定外の収入が有った!繰り上げ返済できないか検討しよう

カードローンの返済は今や殆どがリボルビング払いで月々の返済額が一定のため、どの程度が利息で元本はどのくらい返しているかと言うことを理解している人は殆どいません。実はリボルビング払いは月々だけ考えると楽な返済方法ですが、あまり効率の良い返済方法ではないのです。

カードローンはそれぞれ審査条件が違う!審査が厳しい緩いとは何か?

カードローンには審査がつきものですが、この審査は金融機関毎に違った基準で行われますので簡単に審査が通る場合となかなか審査を通すのが難しい場合があります。これはその申込者を金融機関が何を重視して審査しているかによって変わってくるため、利用者毎に感じ方に差が出ます。

審査は金融機関のノウハウで行われる!非公開の審査基準を探る

カードローンを利用したいが審査が心配と言う人がいます。そこで審査ではどんなことがチェックされているのか知りたいのですが残念ながら審査と言うのは金融機関の長年培ったノウハウの結晶で、表に出てくるものではないのです。審査基準については想像するしか方法がありません。

カードローンの負債が大きい!相続を放棄すれば返済は必要ありません

遺産を相続するかどうかは相続人が決めることが出来ます。したがってカードローンなどで負債が大きい場合には相続を放棄した方が良い場合もあります。もし自分の収入から返済は無理だと判断したら、放棄することを考えましょう。相続が自己破産に繋がらないようにしてください。

金利の高いカードローン利用者は注意!借り換えは得か損か

カードローンをすでに利用している人は、たまには他のカードローンについても関心を向けてみましょう。金利の違いから利息が大きく違ってきているかもしれません。そちらに借り換えできれば、返済総額が減る可能性は十分考えられます。良く計算して検討してみましょう。

審査はすぐに終わる!問題がある場合は時間が掛り情報提供も必要

カードローンを利用するには金融機関の審査が必要で審査が通るまである程度時間がかかります。ただ急にお金が必要になったとして、その日のうちに利用したいという場合には殆どの人は無理だろうと考えますが、極短時間で審査を済ませてその日のうちに借入が出来る場合も有ります。

余裕があるなら銀行カードローン!審査が緩いよりも厳しい方が良い訳

どうしてもお金が無いって言う時にはちゃんとした所から借入する必要があります。節約してどれだけためていても病気になったり、何かしらの出費が重なって足りなくなることがありえます。事前に借りれる場所を確保しておくのもとっても大事です。

クレジットリスクとは

クレジットリスクとは、ビジネスや金融取引において、債務者の財務状況の悪化によって債権の回収ができなくなる危険性のこと。クレジットリスク回避のため、各企業の信用の格付け機関が発表した格付けを利用する。

相互リンク募集

このページは「審査が緩い?厳しい?カードローンのご紹介サイト!」の相互リンクを募集しているページになります。